季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

「着袴の儀」への疑問

愛子さんの「着袴の儀」

89ec4e1ea6ca563c85e5c4ce0439698e.jpg


世間の七五三にあたる儀式で、髪を触ってはならないしきたりがあるそうだ。
なのに、ハーフアップに髪を結われている

ちなみに、参考として紀宮さまの「着袴の儀」を載せてみた。
s4812181.jpg
ちょっと髪がボサってなっていますが、これで良いのだそうだ。
髪をいじったりしてはいけないから。

で、愛子様の「着袴の儀」には、もう一つ画像がある。

①習礼(リハーサル)
89ec4e1ea6ca563c85e5c4ce0439698e.jpg

②本番
10011825382.jpg

img20071012231832.jpg

①と②も、愛子さんの髪を結っている
習礼と違う衣装(道中着)を着せているのは何故?
ピンクと黄色がピカピカして、皇室の内親王が着るような着物ではないように思う。
持たせている扇も違う。


皇太子さんは、正装のモーニング姿で、雅子さんはスーツ。
妃殿下の装いとしてはおかしい。
ここは、ローブ・モンタントでいいと思うが。

単に、スーツで出るわよ!ということなのかもしれないが、妃殿下としてではなく、小和田雅子としての装いなんだからOKということかな。

疑問が多い「着袴の儀」。
そして、「着袴の儀」を境に、天皇陛下から「敬宮」と呼ばれなくなった。

私が思うには、習礼のみで、本番は行われていないのではないか?
スポンサーサイト

 | HOME |