季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

伊勢神宮で

今回の伊勢神宮参拝と、20年前の伊勢神宮参拝 。


見ていて何か気付きませんか。
私が気付いたのは今回の伊勢神宮参拝のほうですが。
14066243244351.jpg
背中のしわがすごい・・・と思ったら、手がくっきり。
足元には、赤ちゃんか子供の顔が!

なんで、雅子さんの写真は心霊写真が多いのでしょうね?

スポンサーサイト

「着袴の儀」への疑問

愛子さんの「着袴の儀」

89ec4e1ea6ca563c85e5c4ce0439698e.jpg


世間の七五三にあたる儀式で、髪を触ってはならないしきたりがあるそうだ。
なのに、ハーフアップに髪を結われている

ちなみに、参考として紀宮さまの「着袴の儀」を載せてみた。
s4812181.jpg
ちょっと髪がボサってなっていますが、これで良いのだそうだ。
髪をいじったりしてはいけないから。

で、愛子様の「着袴の儀」には、もう一つ画像がある。

①習礼(リハーサル)
89ec4e1ea6ca563c85e5c4ce0439698e.jpg

②本番
10011825382.jpg

img20071012231832.jpg

①と②も、愛子さんの髪を結っている
習礼と違う衣装(道中着)を着せているのは何故?
ピンクと黄色がピカピカして、皇室の内親王が着るような着物ではないように思う。
持たせている扇も違う。


皇太子さんは、正装のモーニング姿で、雅子さんはスーツ。
妃殿下の装いとしてはおかしい。
ここは、ローブ・モンタントでいいと思うが。

単に、スーツで出るわよ!ということなのかもしれないが、妃殿下としてではなく、小和田雅子としての装いなんだからOKということかな。

疑問が多い「着袴の儀」。
そして、「着袴の儀」を境に、天皇陛下から「敬宮」と呼ばれなくなった。

私が思うには、習礼のみで、本番は行われていないのではないか?

雅子さまと呼ぶのを止めたきっかけ

小さい時、テレビで皇太子さまと雅子様のご成婚を見た記憶があります。

真実に気づくまでは、適応障害になった雅子さんカワイソーと思っていました。

療養し、それでも治らなかったら離婚かもとは思っていました。

愛子さまが生まれて数年後、ネットで皇太子にまつわる怖い話という2chのまとめサイトを知ったことがきっかけでした。
そこの霊視で、皇室の品物がヤフオクに流出されたことを知り、そこから色々調べました。
そして、ドス子の事件簿に飛び、そこで目が覚めました。

それからは、雅子さまと呼ぶのは止めました。
妃殿下とも呼びたくないですね。

写真を見ていきますと、昭和の皇室の写真は穏やかな感じだったのに対して、
雅子さんが嫁いできてからは、普通に見えるけど何か固い雰囲気の写真が多くなりました。

そして、雅子さんの写真を見ていると、心霊写真が多いのです。
皇室は祭祀が中心の一家なのに、穢れているなんてショックでした。

静養されてから10年経ちますが、適応障害という病名はどこへ行ったのかまったく出てきません。
だんだん太られ、目つきも変わってきました。
それは、皇太子殿下も同じです。

天皇陛下の病気が分かった時、陛下は皇太子殿下と秋篠宮殿下を呼んだ。
秋篠宮殿下はすぐに駈けつけられたのに、皇太子殿下は行かなかったと知り、もうダメだと思いました。
それからは、呼び方が皇太子さんに変わりました。

東宮一家のことで、ちょっとブログをやってみようと思って作りました。

 | HOME |