季の記

頭に浮かんだことなどを書いていこうと思っています

眞子さまのご婚約速報について


今朝は、どのTVも眞子さま婚約ニュースばかりだった。
海外親善に行かれた時の眞子さまの動画を見た時は、海外に同行しているにも関わらず、国内ではまったく見ない。
リアルダイレクトに素晴らしい親善だったのを見たかった。
マスコミ各社には、眞子さまを含め秋篠宮ご一家を撮りためた動画や写真がたくさんあるのだ。

宮中晩さん会に出席されていた眞子さまが、給仕に「ありがとうございます」とお礼を言っていた様子が映っており、可愛らしく美しかった。

また、宮中晩さん会も、生放送で映して欲しい。
録画でもいいから。

ところで、今回、NHKから「眞子さまのご婚約」と速報があったと聞いた。

NHKとは、またかという思い。
外国では、日本を代表するNHKなのに、国内においてはそうではない。

今回も、天皇陛下の「生前退位」を流した時と同じように、内部から漏れた。
リークしても、「女性宮家」はできないよ。
1人は「女王」として残るのだから。

速報とは、芸能人の結婚のような軽い扱いであり、違和感を感じる。
皇室は、セレブや海外王室でもない、芸能人でもない。

皇室の婚約・結婚であるのだから、畏敬の念を持って、順序を踏み、宮内庁より婚約発表があってからマスコミ各社でニュースとして報じてもらいたい。

どうしてこうなったかと振り返ると、小和田雅子と浩宮の婚約の前後から、皇室に対するマスコミの姿勢が変わったように思う。

皇后陛下への根拠のない批判記事、雅子さんのスライドによる批判記事。
秋篠宮殿下のタイにいる愛人の記事など根拠のない記事。
事実にでっちあげた嘘の文章を混ぜて記事に仕上げ、報道する週刊誌。

挙げるときりがないが、おかしすぎる。


皇室に関するニュースは、海外王室やセレブのような扱いをせず、真の事を書いて報じて欲しい。

早く、マスコミと皇室の元あるべき形や関係に戻るよう望む。


スポンサーサイト

コメント

報道の可笑しさ

和月さま

コメント有り難く拝見しております。
眞子内親王さまを、どなたと心得ると、引導を渡したいくらいです。
皇室を芸能人と同じに扱うなんて、
日本は神様の国ですから、神様が悲しみます。
畏敬の念を持った良識ある報道が成される国になりますように。

以前に和月さまが仰った通りに、紀子妃殿下が、髪を伸ばされていますね。
ショートもお似合いでしたが、髪を伸ばされている今も、とても素敵ですね。
国母となられるお方。
秋篠宮御一家の弥栄を祈ります。

和月様
お久しぶりでございます。
戻ってこられて嬉しく頼もしく存じます。

慶事なはずなのになんとも言えぬモヤモヤ感が拭えません。
NHKのすっぱ抜きといい、記者会見?といい
なんだろう、この違和感は。
そして出ると思ったら、出た出た、女性宮家がーー。
これを言いたくてすっぱ抜いたとしか思えません。

そして気になるのが秋篠宮殿下の苦しげな、哀しそうな表情です。

全てが良い方向へ向かうことを祈るばかりです。

報道が酷すぎて

和月さま

日本のマスコミが逸脱し過ぎています。
天皇陛下が特別法案に強い不満を抱かれているという報道。
天皇陛下がいてくださるから日本が存続しているのに、日本を貶めようとする輩の断末魔の叫びなのでしょうか。
天皇陛下をどなたと心得る、と一括してくれる、まともな人はいないのでしょうか。
天皇陛下と安倍内閣総理大臣がお気の毒です。

秋篠宮親王殿下御自身が皇太子の称号に難色を示されたとの報道もしかり。
宮内庁に皇族方をお守りする方々が排除され、もう機能不全なのですね。
側近がこれほど情報を漏らすようでは、天皇陛下も秋篠宮親王殿下も心が休まらないでしょう。
安倍内閣総理大臣が宮内庁を一掃して下さっているようですが、宮内庁本来の機能が戻る事を祈ります。

また、秋篠宮親王殿下と紀子妃殿下と眞子内親王さまのお三人での御公務の時の御表情には本当に胸が痛みました。

私達にはわからない水面下での駆け引きが行われているのでしょうか。

日本と皇室の弥栄を祈ります。

Re: 報道の可笑しさ


まったくです。
芸能人の結婚のように軽薄な感じで騒いでいるテレビに違和感を覚えます。

紀子妃殿下はどんな髪型にされても美しいですが、伸ばされるともっと美しいですね。

コメントありがとうございました。

Re: 報道が酷すぎて

日本のマスコミは異常です。
おっしゃるとおり、天皇陛下のイメージを悪くしたいという、断末魔の叫びです。
覚悟の上でしょうが、本当に気の毒でなりません。
私は、これからも天皇陛下と安倍首相を応援したいと思っています。

秋篠宮殿下も、色々お考えになられていらっしゃる。
ただ、遠慮なさっていることを、難色を示されたと書くのはいかがなものかと思います。
そのままの言葉を、都合よく切り貼りし、もっともらしい記事に仕上げるのですから。

今の宮内庁は、他省庁からの寄せ集めですし、昔ほど皇族方をお守りする方も少なくなりました。

恐れ多いが、秋篠宮両殿下や眞子さまの様子からは、おめでたいとは感じられないのです。
悲しみや、厳しい様子が見てとれます。

共に皇室と日本の弥栄を祈りましょう。

コメントありがとうございました。

Re: タイトルなし

グリーン様

長い間ブログをお休みして申し訳ありませんでした。
また、少しずつ更新していきたいと思いますので、よろしくお願い致します。

そうなのです。
違和感がつきまとう慶事は、慶事ではないのです。
「女性宮家」と、眞子さまを排除したい思惑があるようです。
それに担ぎ出され、乗った青年。
青年のキャリアに不足を感じますし、ご降嫁後の内親王殿下をお守りできるような方ではない。

本当に、眞子さまが真に幸せになるよう良い方向に向かうのを祈ります。

コメントありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |